「質」を諦め「規模」を目指すメガバンクの無自覚

執筆者: 2004年9月号
タグ: アメリカ 日本
エリア: アジア

いずれの統合も成果を出せぬまま、またぞろ威勢のいい声が聞こえてきた。「金融システムの総仕上げ」と金融庁はぶち上げるが、大手銀行の内実はお寒い。「世界屈指の総合金融グループを創造します」――。総資産は世界トップの百八十八兆円。来年十月一日の全面統合に向け、ようやく動き出した三菱東京フィナンシャル・グループとUFJグループの首脳陣が威勢のいいスローガンをぶち上げる傍らで、頭を抱えている人がいる。証券業界の幹部たちだ。「なんとしてでもみずほと提携したい」(日興コーディアル証券幹部)。「野村証券も新メガバンクの意向は無視できないのでは」(外資系証券アナリスト)。隠れたテーマは金融庁が年末にとりまとめる「金融重点強化プログラム」だ。今年五月にその原案が公表されてから、金融界はにわかに騒がしくなってきた。

カテゴリ: 経済・ビジネス 政治
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top