カダフィ大佐が切る「親イスラエル」カード

執筆者: 2004年9月号
タグ: イスラエル
エリア: アフリカ 中東

 七月下旬、ロンドンで英国在住のリビア出身ユダヤ人グループが開いた会合が中東専門家の関心を集めている。同グループが会合後の記者会見で「相互の利益と過去の嫌悪の忘却に立脚したユダヤ・アラブ・パートナーシップ」を訴えたためだ。 一九六九年のクーデター当時、リビアに住んでいたユダヤ人は六万人に上るとされる。その大部分が出国を余儀なくされたため、リビア政府は帰国を可能にする措置を講ずるべきだとの主張も打ち出された。 一方で、同会合に出席したイスラエル国会議員ジラ・ジャムリール氏が、リビアの独裁者カダフィ大佐も「リビア出身のユダヤ人が祖国を訪問できる許可をイスラエルは出してほしい」とアプローチしてきていると認めた。一部で報道されたリビアのユダヤ人受け入れ姿勢が再確認された形だ。

カテゴリ: 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top