「お説教」では危機は救えない――アーミテージ・ナイ報告書

執筆者: 2012年8月28日

 8月15日、米国のシンク・タンクCSIS(戦略国際問題研究所)から、米国の「知日派」を代表するリチャード・アーミテージとジョセフ・ナイによる「日米同盟-アジア安定の礎」が発表された。報告書は、内向きになった日本に対して、「2流の国になりたいのか?」と問いかけ、「1流国であり続けるにはアメリカとともに進め」とジャブを出している。

 政策課題としてまず触れているのは、原発再稼働の勧めや、エネルギー開発における協力だった。これは、冷戦後の「安保再定義」を意識した日米同盟の今日的意味合いを示そうとする意図だろう。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top