南シナ海の中国

執筆者:フォーサイト編集部 2012年11月28日

 来月16日の衆院選を前に、嘉田由紀子・滋賀県知事が立ち上げた「日本未来の党」に、小沢一郎氏率いる「国民の生活が第一」が合流。一方、日本維新の会とみんなの党の合流話は破談。選挙前の政党の離合集散は、これで打ち止めでしょうか。明日、明後日は政治関連の記事をお届けする予定です。

 本日の更新記事は、「中国の領土問題」の第4回、深沢淳一さんの「【ASEAN】米露を巻き込み『南シナ海死守』を狙うベトナムとフィリピン」です。米国が主導するTPP交渉にすでに参加し、ロシアとのFTA交渉の早期開始にも合意したベトナム。親中派だったアロヨ前大統領から親米派のアキノ大統領に交代したのを機に、相互防衛条約を結んでいる米国とのさらなる関係強化に動くフィリピン。息を抜けない「中国との戦い」が続きます。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top