瞬く間に大統領になった「ユドヨノ」の実像

執筆者:黒瀬悦成 2004年11月号
カテゴリ: 国際

険しい前途が予想されるインドネシアのユドヨノ次期大統領。十月二十日には新政権の陣容が発表されるが、切り札となるのは誰か。[ジャカルタ発]九月二十日、インドネシア史上初めて実施された、国民の直接投票による大統領選挙は、現職のメガワティ大統領を政権の座から引きずりおろし、同大統領のもとで筆頭閣僚の政治・治安担当調整相を務めた元国軍幹部、スシロ・バンバン・ユドヨノ氏(五五)を第六代大統領に選んだ。得票率は六〇・六%。地滑り的勝利で国民の信任を得た同氏はしかし、わずか一年前は海外はおろか、国内でも知名度は決して高くはなかった。当時はむしろ、「メガワティ氏続投」で政界筋の見方は一致していたほどだ。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top