プーチンの「隠し球」は「三島返還」か

執筆者: 2004年12月号
エリア: ロシア 日本

 ロシアのラブロフ外相が自国テレビのインタビューで、歯舞、色丹両島の返還をうたう一九五六年の日ソ共同宣言の重視を強調。来春訪日予定のプーチン大統領本人も十一月十五日に「二島返還」での決着の意向を表明したが、そんな中で、中露が長らく未確定だった国境線をほぼ画定したことに、専門家の注目が集まっている。 十月十四日に北京で行なわれた会談で、プーチン大統領と胡錦濤総書記は、中露国境のアムール川(黒竜江)にある三島を分割し国境を画定することで合意した。ロシア側が妥協した形だが、大統領の影響力が強い現在のロシアでは議会の承認も得られる見通しだ。

カテゴリ: 国際 外交・安全保障
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top