政治家が「失言」するメカニズム

執筆者:フォーサイト編集部 2013年6月10日

本日の更新記事は、宇野重規さんの「政治をゼロから考える(21)政治家はなぜ失言するのか」です。猪瀬直樹都知事の「イスラム諸国はけんかばかりしている」という発言、そして、大騒動になった橋下徹大阪市長の従軍慰安婦をめぐる発言。いずれも「失言」とされていますが、政治家にとっての失言とは何なのか、そしてなぜそれは起こるのか。

「専門家の部屋」では、「アメリカ」に「米共和党の逸材『ランド・ポール』は父親を越えるか」(足立正彦さん)の新エントリ。リバタリアン政治家の代名詞、ロン・ポールの子息であるランド・ポール上院議員。父の精神は受け継ぐものの、現実的な戦略でより多くの支持を集め、共和党の次期大統領候補となる可能性もあります。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top