「原発輸出」のリスクを考える

執筆者:フォーサイト編集部 2013年7月31日

本日の更新記事は、杜耕次さんの「『廃炉』で訴訟される三菱重工――『原発輸出』のリスクとは」です。米国で三菱重工が建設していた原発で異常が発生していた問題で、現地事業会社が廃炉を決め、今後、巨額の賠償請求訴訟を起こす方針を発表しました。かたや安倍首相は、国策として「原発輸出」を積極的に推進しようとしています。そのリスクを検証してみました。

「専門家の部屋」では、「アメリカ」に「NSAの監視プログラム『弱体化』を目指した『超党派政治連合』」(足立正彦さん)の新エントリ。スノーデン事件を機に、政府による情報収集への懸念が高まる米国。その「弱体化」を図る動きが超党派で起こり、政府をギリギリまで追い詰めました。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top