ユドヨノがかすむスーパー副大統領「ユスフ・カラ」の野心

執筆者:黒瀬悦成 2005年5月号
カテゴリ: 国際

[ジャカルタ発]三月二十八日。昨年十二月の巨大地震と津波で甚大な被害を受けたばかりのインドネシア・スマトラ島北西部を再び大地震が襲った。スシロ・バンバン・ユドヨノ大統領は三十一日、千人以上の住民が死亡したと見られる最大の被災地、同島西方沖のニアス島にヘリで飛び、呆然とする島民らを励ました。 しかし、島の中心都市グヌンシトリでキリスト教会の追悼ミサに出席したり、震災直後に島で生まれた子供に名前を授けるなど、テレビカメラの前で「国民の心の支え」としての姿を誇示する大統領の口からは、緊急支援や復旧・復興に向けた具体的な言葉は出てこない。その役割を一手に引き受けていたのは、大統領から二日遅れてニアス島入りしたユスフ・カラ副大統領だった。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top