スーパースターの黄昏

執筆者:名越健郎 2005年8月号
タグ: アメリカ
エリア: 北米

「子供好きのヒューマニスト」か「小児性愛の犯罪者」か――。少年への性的虐待などの罪に問われたポップス界のスーパースター、マイケル・ジャクソン(46)は、結局証拠不十分で無罪評決となった。直後の世論調査では、無罪に「同意できない」が48%、「同意する」が34%だった。 全米注視のこの裁判の結末は、元妻とその愛人を殺害したとされたアメリカンフットボール界の元スーパースター、O. J. シンプソンが1995年に無罪評決を受けた裁判に似ている。被告が著名な黒人のため、人種問題が絡み、陪審員が有罪評決を躊躇したのではないかとの指摘がある。億万長者の被告が辣腕弁護士を集め、ドリームチームを編成したことでも一致する。

カテゴリ: カルチャー
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
執筆者プロフィール
名越健郎 1953年岡山県生まれ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長、編集局次長、仙台支社長を歴任。2011年、同社退社。拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学特任教授を経て、2022年から拓殖大学特任教授。著書に、『秘密資金の戦後政党史』(新潮選書)、『ジョークで読む世界ウラ事情』(日経プレミアシリーズ)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top