グルメな大統領の「口のおごり」

執筆者:名越健郎 2005年10月号
エリア: ヨーロッパ

 血管障害による入院で健康不安がささやかれるシラク仏大統領だが、この夏は、「英国が欧州の農業に貢献したのはBSE(牛海綿状脳症)だけだ」と英国を皮肉り、ジョークの世界で「存在感」を見せつけた。 このシラク発言は7月初め、ロシアのカリーニングラードでのシュレーダー独首相、プーチン・ロシア大統領との3国首脳会談で飛び出し、「あれほどまずい料理を作る国の人は信用できない。フィンランドを除くと、(英国は)最悪の料理の国だ」とこき下ろした。 プーチン大統領が米国を引き合いに出して「ハンバーガーはどうだろうか」と尋ねると、「ハンバーガーも全く駄目だ」と答えたという。

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
執筆者プロフィール
名越健郎 1953年岡山県生まれ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長、編集局次長、仙台支社長を歴任。2011年、同社退社。拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学特任教授を経て、2022年から拓殖大学特任教授。著書に、『秘密資金の戦後政党史』(新潮選書)、『ジョークで読む世界ウラ事情』(日経プレミアシリーズ)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top