内閣改造人事で交錯した「明と暗」の解像

執筆者: 2005年12月号
エリア: アジア

口惜しさをにじませた者あれば、胸高まり紅潮した者も――。小泉人事を分析すれば、今後の生き残り競争の形も見え始める。「昨年の人事は『郵政民営化実現内閣』としたが、今回は『改革続行内閣』だ。新鮮さ、実力、重厚さという全体のバランスを考えた」 十月三十一日、首相官邸。午後九時三十分から始まった小泉純一郎首相(六三)の記者会見で最も緊張していたのは、安倍晋三官房長官(五一=森派)だった。人目をひくほど紅潮した顔、真一文字に結んだままの口元には気負いがみてとれる。隣で会見する小泉首相の姿に、来年九月の自分を重ね合わせていたのかもしれない。

カテゴリ: 政治 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top