新連載「介護民俗学」、「周永康」は死刑か?

執筆者:フォーサイト編集部 2014年1月4日
タグ: 中国 日本

昨日、新連載がスタートしました。六車由実さんの「介護民俗学へようこそ!」。六車さんは東北芸術工科大学在職中に『神、人を食う』で第25回サントリー学芸賞を受賞。ところが、2012年10月に静岡県東部地区の特別養護老人ホームの介護職員に転職し、その経験をもとにした著書『驚きの介護民俗学』が第20回旅の文化奨励賞と、第2回日本医学ジャーナリスト協会賞大賞を受賞した気鋭の民俗研究者です。介護の現場で民俗学を考えるからなのか、あるいは、民俗学の視点で介護を考えるから「介護民俗学」なのか。お読みいただけると、何となくわかってきます。第1回の「いなり寿司の記憶」は、「京城での幸せな時間」が甦ります。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
キャンペーンお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top