中国が安倍「アフリカ訪問」を激烈批判

執筆者:平野克己 2014年1月22日
エリア: アフリカ アジア

 安倍首相がアフリカ歴訪を終えてエチオピアを発った翌日、1月16日に、解暁岩駐エチオピア中国大使がアフリカ連合(AU)本部で記者会見を開いた。日中戦争時代の写真を振りかざしながら、「安倍首相は中国を脅威として表現することに熱心で……地域の緊張を高めており」「日本軍国主義の復活を果たそうとしている」「今回のアフリカ訪問も”中国封じ込め政策”の一環だ」と語り、日本を「アジア最大のトラブルメーカー」と称した。感情を露にした激烈な会見だったらしい。本国からどのような訓令が出ていたかは知る由もないが、中国外交の品の無さを露呈させた内容である。

カテゴリ: 政治 軍事・防衛
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平野克己 1956年生れ。早稲田大学政治経済学部卒、同大学院経済研究科修了。スーダンで地域研究を開始し、外務省専門調査員(在ジンバブエ大使館)、笹川平和財団プログラムオフィサーを経てアジア経済研究所に入所。在ヨハネスブルク海外調査員(ウィットウォータースランド大学客員研究員)、JETRO(日本貿易振興機構)ヨハネスブルクセンター所長、地域研究センター長などを経て、2015年から理事。『経済大陸アフリカ:資源、食糧問題から開発政策まで』 (中公新書)のほか、『アフリカ問題――開発と援助の世界史』(日本評論社)、『南アフリカの衝撃』(日本経済新聞出版社)など著書多数。2011年、同志社大学より博士号(グローバル社会研究)。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top