降って湧いた「11.9衆院選」説:これだけの根拠

執筆者:野々山英一 2014年9月17日
タグ: 安倍晋三
エリア: 日本

 永田町で急速に解散風が吹き始めている。9月29日に召集される臨時国会が始まってまもなく電撃的に衆院解散し、11月9日に投票日を迎えるというシナリオだ。

 つい1カ月ほど前まで衆院選のタイミングといえば、来秋か、再来年参院選とのダブルというのが常識だった。なぜ早いタイミングで解散風が吹き始めたのか。そのきっかけをつくったのは、意外な人物だ。

「私は11月9日が衆院選の投票日だと思っている」

 公の場で「11.9」を口にしたのは民主党の枝野幸男氏。9月8日、BSテレビ番組に出演し、そう明言した。

カテゴリ: 政治
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top