露・イランのエネルギー覇権主義に妥協すべからず

執筆者:五十嵐卓 2006年11月号
エリア: ロシア 中東

片やサハリンで、こなたアザデガンで、資源国の横暴が拡大しつつある。当事者となった日本の責任は重い。 日本が極東と中東で時を同じくして、エネルギーを巡るまったく新しい挑戦に直面している。サハリン沖で生産する天然ガスを液化天然ガス(LNG)として輸出しようとする「サハリン2」プロジェクトは「環境破壊」を理由にロシア側の激しい揺さぶりを受け、事業計画が根底から崩れかねない瀬戸際にある。核開発疑惑の渦中にあるイランはアザデガン油田開発をめぐって、開発権を持つ国際石油開発(INPEX)と日本政府を手玉にとり、国際圧力の緩和材料にしようとしている。ロシアとイランに共通しているのは、エネルギーを政治的、外交的影響力拡大の手段にしようとする「エネルギー覇権主義」である。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top