お気に召して6億円も当然 シェイクスピア最初の戯曲集

執筆者:関亜矢子 2006年11月号
カテゴリ: 文化・歴史

 夫、マクベス王にダンカン王の殺害を促した後、罪悪感から自分の手が血に染まった夢を見て、必死に手を洗うマクベス夫人――この場面は、創作から四百年を経た現在読んでも強い印象を残す。だが、この『マクベス』を含め、『お気に召すまま』『あらし』など、ウィリアム・シェイクスピアを代表する十八の劇は、友人であったジョン・へミングらがシェイクスピアの死後、最初の戯曲全集『ファースト・フォリオ』として出版していなければ、永久に失われていた。「フォリオ」とは、「二つ折り本」という意味で、初版は七百五十部印刷されたが、現存するのは二百五十部ほどだという。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top