農協と政治家が潰す農政大改革

執筆者: 2007年1月号
カテゴリ: 政治
エリア: 日本

「意欲と能力のある農家だけに直接助成を」。そんな大改革におののいた農協と政治家が「抜け道」をひねりだし、改革は逆の方向へ――。 この冬、農村の関心は、「農地解放に次ぐ戦後最大の農政改革」と呼ばれる「日本型直接支払いの導入」の一点に集中している。新年度から始まる新しい補助金制度の運用は、二〇〇七年四月の統一地方選と七月の参院選に大きく影響する。     * これまで日本の農業の中で最も手厚い保護を受けてきたのは、コメなどの土地利用型農業だ。「一戸当たりの耕地面積が狭く国際競争力がない」という農業経済学者の分析は、「経営規模の拡大」を目指す政策を後押しする半面、土地利用型農業の「保護」も正当化してきた。

カテゴリ: 政治
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top