日本の重電メーカー「技術移転」の智略

執筆者:山田明彦 2007年9月号
タグ: 中国 日本
エリア: 中国・台湾

「当社と同規模(約六千二百万キロワット)の電源が毎年誕生している」と東京電力幹部をして言わしめるほど、中国の電力需要は急増している。日本の重電メーカーが成長するために、中国市場は必要不可欠だ。ただ最近、中国との関わり方に変化が生じている。 自動車や鉄道インフラと同様に発電設備の「国産化」を打ち出した中国が、ガスタービン(GT)などの完成品を輸入しにくい制度を導入したからだ。重電関係者は「完成品を日本から輸出するためには中国政府の許可が必要。ものによっては高額な関税を掛けられる」と話す。入札条件に「技術移転」が明記されることもあるという。中国の民族系企業に技術移転しない限り、中国市場に参入する道は閉ざされるのか。

カテゴリ: 国際 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top