スタートすら切れない「東京五輪」招致活動

執筆者: 2007年10月号
エリア: アジア

選手には競技力の向上を求め、チームワークを求めるのに、都もJOCも国もバラバラ、票を獲得する競争戦略もない。 東京都が進める二〇一六年夏季五輪招致が盛り上がらない。東京の都市開発の起爆剤として招致を発案した石原慎太郎知事が四月の都知事選で三選。その後、メーンスタジアムの位置を臨海部の晴海地区に決定するなど基礎は固まりつつあるが、なかなか現実性を帯びてこない。夏季五輪は欧州―米大陸―アジアと地域順に開催されており、〇八年に北京で行なわれることを考えれば、一六年招致の実現性はそもそも小さいが、それに加え、パートナーであるべき都と日本オリンピック委員会(JOC)が一枚岩になりきれず、国の協力態勢も消極的。前途多難な情勢だ。

カテゴリ: スポーツ 政治
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
キャンペーンお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top