フィリピーナが日本人に死化粧を施す現場

執筆者:出井康博 2008年4月号
エリア: アジア

 尿の臭いがツンと鼻をつく。悪臭を放つ老人の男性器を前に思わず息を飲んだ。手が震え、涙が溢れそうになってくる――。 一九九七年、フィリピン・ルソン島出身の大石ペニャフランシャさん(四二)は神奈川県の老人専門病院で介護スタッフとして働き始めた。その直後、入院患者のおむつ交換を初めて体験したときの記憶である。「仕事だとわかっていても、どうやって(性器に)触っていいのかわからなかったんです」 大石さんにとって介護の仕事は初めてのこと。介護ヘルパー養成講座などを受けた経験すらなかった。それでも初日のオリエンテーションを終えた翌日から、おむつ交換を始め他のスタッフ同様の仕事が待っていた。

カテゴリ: 政治
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
出井康博 1965年、岡山県生れ。ジャーナリスト。早稲田大学政治経済学部卒。英字紙『日経ウィークリー』記者、米国黒人問題専門のシンクタンク「政治経済研究ジョイント・センター」(ワシントンDC)を経てフリーに。著書に、本サイト連載を大幅加筆した『ルポ ニッポン絶望工場」(講談社+α新書)、『長寿大国の虚構 外国人介護士の現場を追う』(新潮社)、『松下政経塾とは何か』(新潮新書)など。最新刊は『移民クライシス 偽装留学生、奴隷労働の最前線』(角川新書)
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top