東アジアの構図を揺さぶる馬英九という「変数」

執筆者:野嶋剛 2008年8月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾

“新任の総統”馬英九は、なぜ少数の強硬派を抑えきれなかったのか。尖閣問題は今後、馬政権を縛るとともに、日本にも難題に――。[台北発]二つの「釣魚台」をめぐり、東京、北京、台北の東アジア三極が絡み合い、火花を散らした。 六月中旬、かつて田中角栄らあまたの要人を迎え、現在は六カ国協議の舞台でもある北京外交の表玄関、釣魚台迎賓館で、中国の胡錦濤国家主席と、台湾の江丙坤・海峡交流基金会理事長(対中交流窓口トップ)が握手をかわし、中国と台湾の対話が九年ぶりに復活した。そのとき、はるか南方の東シナ海に浮かぶ尖閣諸島(台湾名=釣魚台、中国名=釣魚島)で、台湾の遊漁船が日本の海上保安庁の巡視船と衝突、沈没した事件で、台湾の反日行動が一気に燃え上がったのである。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、「台湾とは何か」(ちくま新書)。訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。最新刊は「タイワニーズ 故郷喪失者の物語」(小学館)。公式HPは https://nojimatsuyoshi.com
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top