フィリピン人介護士は日本を見限るのか

執筆者:出井康博 2008年10月号
エリア: アジア

 八月七日、二百名余りのインドネシア人介護士・看護師が来日した。介護・看護分野で日本が初めて受け入れる外国人労働者とあって、当日の成田空港には大勢の報道陣が詰めかけた。今後は、半年間の日本語研修を経て、国内の介護施設や病院で仕事を始めることになる。 介護士らの来日は、日本がインドネシアと結んだ経済連携協定(EPA)に基づく「国家プロジェクト」だ。その行方に注目が集まる一方、EPAとは無関係なところで外国人介護士の受け入れが進みつつあることはあまり知られていない。 外国人介護士が日本で就労しようとすれば、EPAの枠組みしか方法はないはずだ。なぜ、受け入れが可能なのか――。

カテゴリ: 政治
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
出井康博 1965年、岡山県生れ。ジャーナリスト。早稲田大学政治経済学部卒。英字紙『日経ウィークリー』記者、米国黒人問題専門のシンクタンク「政治経済研究ジョイント・センター」(ワシントンDC)を経てフリーに。著書に、本サイト連載を大幅加筆した『ルポ ニッポン絶望工場」(講談社+α新書)、『長寿大国の虚構 外国人介護士の現場を追う』(新潮社)、『松下政経塾とは何か』(新潮新書)など。最新刊は『移民クライシス 偽装留学生、奴隷労働の最前線』(角川新書)
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top