ワイン人気に乗じて取引ハブ目指す香港

執筆者:渡辺靖仁 2008年10月号
タグ: 中国 香港
エリア: 中国・台湾

 香港が今年二月、輸入ワインへの四〇%の関税を撤廃したのを機にアジアのワイン取引の拠点となることを目指している。八月には世界有数のワイン生産国フランスと香港の両政府が取引拡大を目指して互いに協力するとの覚書に調印した。世界の取引拠点であるロンドンやニューヨークの市場関係者も香港に注目し始め、香港ではオークションや見本市などワイン関連のイベントも続いている。 ワインの国際見本市ビネクスポは、本場ヨーロッパで年々ワインの消費総額が減少する一方、日本を除くアジアの消費総額は二〇〇七年の七十億ドル(約七千五百億円)から一二年に百七十億ドル、一七年には二百七十億ドルになると推計する。香港貿易発展局は、消費拡大に乗り香港の取引基地としての地位が確立されれば、経済効果は一二年に一億香港ドル(約十四億円)に達し、一七年には約三十億香港ドルに膨らむと見込む。

カテゴリ: 国際 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top