人材派遣業を「マージン規制」で正常化せよ

執筆者:杉谷剛 2008年11月号
エリア: 日本

給料の半分近くを抜き取られるのが現在の人材派遣の実態だ。派遣先の大企業の責任も重い。 物流倉庫が建ち並ぶ千葉県市川市の東京湾岸。いつもJR京葉線の駅前で客待ちをする地元のタクシー運転手は、昨夏、異様な光景を何度も目にした。夜七時半ごろ、大型トラック二台が現れると、集まっていた約七十人の労働者が黙々と二台のコンテナに乗り込んでいく。日雇い派遣大手のグッドウィル(その後、廃業)に登録する派遣労働者だった。 彼らは約二キロ離れた倉庫で、夜九時から翌朝五時まで商品の仕分けをしていた。帰りも駅までトラックで運ばれた。「人として扱われていなかった」とタクシー運転手は言う。道路交通法に違反したコンテナ詰めの送迎は約二カ月続いたという。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top