長所も短所も覗く民主党の密やかな「政権構想」

執筆者:野々山英一 2009年3月号
カテゴリ: 政治
エリア: 日本

 麻生政権の超低空飛行が続く中、永田町では、次の衆院選での民主党の勝利が半ば常識として語られている。俄然、誕生の機運が高まってきた小沢一郎代表率いる民主党政権政権は、どんな姿になるのだろうか。 民主党の政権構想研究の歴史は古い。結党間もない一九九八年十二月、党の政権運営委員会が「新しい政府の実現のために」という答申を出している。二〇〇三年の衆院選前には「民主党政権では局長級以上の官僚に辞表を提出させ、党の政策に賛成する者のみ再起用する」との方針を打ち出し、霞が関を震え上がらせた。〇五年の衆院選マニフェストには「五百日プラン」という政権運営の工程表を載せている。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top