米企業撤退の六本木ヒルズ 救いは欧州勢だが……

執筆者: 2009年5月号
タグ: ドイツ 日本

 東京都心部のランドマークとして威光を放ってきた大型オフィスビルが深刻な空室増加に悩んでいる。 その象徴は森ビルが運営する六本木ヒルズで、いまや坪当たり賃料は二万円台前半と、六万円を超えた二、三年前から激落。二割の空室を抱え、稼働床は実質六割程度ともいわれる。 不動産市場調査会社シービー・リチャードエリス総合研究所によると、ヒルズとほぼ同じ位置づけの「Sクラス」ビルにおける三月期空室率は六・五%。ビルの経営状態を判断する空室率の境目は五%と言われるが、それを大きく逸脱した六本木ヒルズはまさに大不況の真只中にあるといえる。破綻したリーマン・ブラザーズは、この三月中に退去した模様だ。

カテゴリ: 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top