「選挙対策」の声が飛ぶ浜田防衛相の与那国訪問

執筆者: 2009年8月号
カテゴリ: 外交・安全保障
エリア: 日本

 七月八日の浜田靖一防衛相の与那国島訪問が陸上自衛隊を困惑させている。突然の訪問の狙いは陸自の部隊配備。降って湧いた「国境の島」への配備話に、陸自関係者は「だれがみても衆院選対策」と不満を隠さない。 きっかけは、六月三十日に外間守吉町長と崎原孫吉町議会議長が防衛省を訪問し、陸自の誘致を求めたこと。 もともと南西諸島への部隊配備は陸自が長年、計画してきたこと。だが、陸自幹部は「沖縄本島には陸自混成団が配備されていますが、軍拡を続ける中国への対応には不十分。そこで地勢上とインフラ面から、石垣島か宮古島に一個中隊(約二百人)の配備を検討しています。面積が狭く、住民が千六百人しかいない与那国は候補にすら挙がっていない」と明かす。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top