「アジア最大求人サイト」が見た日本

執筆者:出井康博 2009年8月号
エリア: アジア

「トヨタは、売上では世界ナンバーワンの自動車メーカーです。しかし、役員に外国人が一人もいないようでは、真の意味で“グローバル企業”とは呼べません」 そう語るのは、アジア最大の求人情報サイト「ジョブストリート」創業者で最高経営責任者(CEO)を務める中国系マレーシア人、マーク・チャン氏(四三)だ。 一九九五年にマレーシアで設立されたジョブストリートは、東南アジアを中心に九カ国で事業を展開。日本にも二〇〇七年に進出した。 ジョブストリートには、八万社にも及ぶ企業から求人広告が集まる。それらはインターネット上で公開され、求職者はサイトに登録したうえで応募する仕組みだ。登録者は、インド人の二百二十万人を筆頭に約六百万人に上っていて、そのうち八割以上が大卒、約百万人が大学院卒以上と高学歴の人が多い。優秀な海外の人材を求める企業にとっては、まさに“宝の山”と言えよう。

カテゴリ: 政治 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
出井康博 1965年、岡山県生れ。ジャーナリスト。早稲田大学政治経済学部卒。英字紙『日経ウィークリー』記者、米国黒人問題専門のシンクタンク「政治経済研究ジョイント・センター」(ワシントンDC)を経てフリーに。著書に、本サイト連載を大幅加筆した『ルポ ニッポン絶望工場」(講談社+α新書)、『長寿大国の虚構 外国人介護士の現場を追う』(新潮社)、『松下政経塾とは何か』(新潮新書)など。最新刊は『移民クライシス 偽装留学生、奴隷労働の最前線』(角川新書)
キャンペーンお申し込み
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top