“戦犯ドスタム”をタリバン懐柔に使うアメリカの弥縫策

執筆者:栗田慎一 2009年9月号

[ニューデリー発]七月、米国のオバマ大統領が、二〇〇一年十一月に起きた「コンテナに閉じ込められたタリバン捕虜の大量死」に関する調査を命じたという米国発の報道は、アフガニスタン国内で驚きをもって受け止められた。 この事件は、タリバンと一九九〇年代に内戦を展開しタリバン政権崩壊に一役買った旧北部同盟の一角、ウズベク人のドスタム将軍の軍閥組織が関与した、とアフガニスタンでは断定されている。ドスタム将軍は、タリバン政権崩壊後には国防次官として政権入りし、〇四年の大統領選挙にも出馬した北部の有力指導者だ。その北部同盟を支援したのが、米軍や米中央情報局(CIA)。だが、現在の米軍とタリバンとの戦いが激化するにつれ、事件は人々の記憶から風化していった。

カテゴリ: 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top