バンクーバー五輪に向けた金妍児の「ロビー活動」

執筆者:生島淳 2010年1月号

 二〇〇九年十二月、東京で開かれたフィギュアスケートのグランプリファイナルで、金妍児(韓国)が順当に勝利を収めた。 当然、来る二月のバンクーバー五輪の本命は金妍児になる。本連載〇九年二月号でも詳述した通り、〇二年のソルトレイクシティ五輪で不正採点疑惑があってから国際スケート連盟は採点方法を細分化した。今季に入って二百点の大台を突破した女子選手は金だけで、得点だけを比較するなら男子にも見劣りしない。 金陣営は演技だけでなく、金メダル獲得を確実にするために、開催国であるカナダへの「ロビー活動」を続けてきた。

カテゴリ: スポーツ
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
生島淳 1967年生れ。広告代理店勤務を経て93年よりライターとして活躍。著書に『大国アメリカはスポーツで動く』(新潮社)など。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top