財務省の“脱民主”が始まった

執筆者:白石均 2010年2月号
カテゴリ: 政治
エリア: 日本

 藤井裕久財務大臣辞任の際、異様だったのは財務官僚の対応だ。 表向きは体調問題が辞任理由とされていたが、彼らはマスコミ関係者に対し、「藤井大臣は、鳩山総理の不甲斐なさに嫌気がさした」「予算編成で小沢さん(一郎・民主党幹事長)にケチをつけられたのが影響した」などと、政府・民主党内の軋轢が理由とする“解説”を流布して回った。「直接のきっかけは、暫定税率の件で、藤井大臣は何とか総理の方針に沿って引き下げを実現しようとしていたのに、総理が小沢さんに一喝され、たちまち言いなりになったこと」との説も広まった。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top