みずほ銀行本部ビル建て替えを阻む「タイムカプセル」

執筆者: 2010年3月号
カテゴリ: 経済・ビジネス

 東京・大手町で進められているみずほ銀行大手町本部ビルの建て替え工事が、みずほフィナンシャルグループ(FG)の苦悩の種となっている。  旧本部ビルは旧富士銀行の本店。老朽化を理由に、隣接する大手町フィナンシャルセンターとともに再開発が計画された。二〇一四年に地上三十九階、高さ約二百メートルの超高層ビルが完成する予定で、みずほFGの本部が再び入るほか、ホテル・商業施設も入居する。  ところが、旧ビルの取り壊し作業中に、旧富士銀が埋めたものと見られるタイムカプセルが見つかった。中には往時の預金通帳や営業報告書、女子行員の制服のデザイン画などが入っていた。「旧本店の建設に関わった行員はすでにおらず、カプセルが埋まっていることを誰も知らなかった」(みずほ関係者)。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top