日本人拘束事件が日朝交渉にもたらす波紋

執筆者: 2000年1月号
タグ: 北朝鮮 日本 中国
エリア: 朝鮮半島 日本

 元日本経済新聞記者・杉嶋岑氏が北朝鮮訪問中にスパイ容疑で身柄を拘束された問題は、拉致問題を始めとする今後の日朝交渉に影響を与えそうだ。杉嶋氏に関しては、「よど号グループ日本人妻の支援者」(外交筋)との見方がある一方で、北朝鮮が日本の情報当局との関係を指摘しているからだ。「北朝鮮の駐中国大使が会見で述べている通り、杉嶋氏は情報機関から何らかの形で金銭を受け取って活動していた可能性がある。問題は諜報活動の訓練を受けていない素人が捕まったという二と。尋問で関係を全て明かしてしまったとすれば、北朝鮮が外交カードとして使ってくるのは確実」(事情通)である。

カテゴリ: 国際 外交・安全保障
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top