韓国の対北カードに浮上したバチカン、イタリアルート

執筆者: 2000年3月号
エリア: ヨーロッパ アジア

 韓国政府が、対北朝鮮カードとして新たなルートを模索し始めたことについて、関係者が成り行きに注目している。 三月四日、バチカンを国賓として訪れていた金大中大統領は、ローマ法王ヨハネ・パウロ二世に拝謁した際に、法王の北朝鮮訪問を正式に提案した。外交関係者によると、法王は「実現すれば奇跡だ」と前向きな考えを示唆、逆に金大中大統領に北朝鮮訪問の考えはないのか、などと聞き返していたという。 法王は九八年四月、全世界のカトリック信者に呼びかけて、北朝鮮のための「国際断食の日」を開催。バチカンはこれまでに計一億七千万ドルを支援するなど、北朝鮮にとって最大の支援国の一つでもある。韓国はこれまで、直接対話と日米中露を窓口にした対北外交を選択してきたが、事態の進展が見られない中、バチカン・ルートを探っていると見られている。

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top