米国株の調整を機にメッキは剥げ落ちる

バイオ株の高騰、原油市場への資金流入――。マネー市場と政治の駆け引きが続いている。郵貯マネーの大量流出が間近に控える中で、米国株高の映し絵に踊る日本のリスクは何か。〈あるファンドマネージャーは、ブラジル沖に島を買った。自らの国を作り、新規株式公開をするためだ。国の名前は、上昇、成長を意味する「GOING」。企業が利益を上げれば、税金を取る代わりに、報奨金を与える。 もちろん、そんな国は存在しない。が、もっともらしいリポートを流しておけば、投資家に怪しまれることはない。新興成長市場に投資しているファンドマネージャーが、実際にペルーやパキスタンを訪ねたことがあるのかい? もし本当に訪ねたいという人が現れたら、空港でテロが発生したと言えばいい。二の足を踏むから。

カテゴリ: 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top