「核開発」の不安を広げるインドとイスラエルの接近

執筆者: 2000年5月号
エリア: 中東 アジア

 インドとイスラエルが軍事協力関係を急速に強化させている。三月にはインド海軍のミサイル搭載フリゲート艦「ゴムティ」や駆逐艦「ランビール」など三隻がイスラエル南部のエイラート軍港を五年ぶりに親善訪問、蜜月関係を印象づけた。 きっかけとなったのは、昨年五―七月のカシミール紛争。警戒の不備から親パキスタン・イスラム武装勢力による支配地域への侵攻を許したインド軍は、パキスタンとの実効支配線(停戦ライン)や国境線の監視強化の必要性を痛感。イスラエル製の高高度無人偵察機「ヘルメス」に着目し、近く導入することで大筋合意した。インドとイスラエル国内でのデモ飛行も密かに実施済みだ。

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top