通産・広瀬次官はどこまで「独自色」を出すか

執筆者: 2000年6月号
カテゴリ: 経済政策・社会保障
エリア: 日本

 通産省の昨年の定期人事異動は、事前の予想を完全に覆すものだった。事務次官昇格が確実視されていた当時の江崎格産業政策局長(昭和四十年入省)が退官し、広瀬勝貞機械情報産業局長(四十一年)が新次官に就任。また官房長には、誰も予想していなかった佐野忠克貿易局長(四十四年)が起用された。 この人事を断行したのが当時の渡辺修事務次官(三十九年)と村田成二官房長(現産業政策局長、四十三年)で、ギリギリのところで江崎氏を外し広瀬氏の昇格を決めたのが渡辺氏、佐野氏の官房長起用を強く求めたのが村田氏だったとされる。

カテゴリ: 経済政策・社会保障
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top