湾岸産油国の“危うい”改革

執筆者:山田剛 2000年8月号
タグ: サウジ
エリア: 中東

経済改革が君主制を揺るがす「民主化要求」につながるのは確実[バーレーン発]「豊かな時代は終わった」――。世界最大の産油国サウジアラビアのアブドラ皇太子は、九八年十二月の湾岸六カ国サミットでこう宣言し、各国国民に倹約と経済的自立を呼びかけた。それは莫大な石油収入を背景に、医療費・教育費から電話代まであらゆる生活コストを無料または格安に押さえてきた「国家丸抱え」への決別でもあった。 折しも国際原油価格が十二年ぶりの安値に落ち込んでいたこともあり、この発言を契機に、各国の経済改革は大きく動き始めた。湾岸戦争以来の赤字体質からの脱却が遅れ、人口の急増に対応するためのインフラ整備で巨額の支出を迫られた各国は、WTO(世界貿易機関)体制への本格的な移行を控えた米英など先進諸国の外圧などもあって外資導入や民営化、補助金削減、公共料金値上げなどの対策を相次ぎ打ち出している。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
山田剛 日本経済研究センター主任研究員。1963年生れ。日本経済新聞社入社後、国際部、商品部などを経て、97年にバーレーン支局長兼テヘラン支局長、2004年にニューデリー支局長。08年から現職。中東・イスラム世界やインド・南アジアの経済・政治を専門とする。著書に『知識ゼロからのインド経済入門』(幻冬舎)などがある。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top