日本に対露支援を求めるベーカー次期駐日大使

執筆者: 2001年4月号

 米国の次期駐日大使となるハワード・ベーカー氏が、主要な仕事の一つとして、ロシアの核拡散を防止するために、資金援助を大幅に増額するよう日本に要求してくるとの見方が強まっている。 米国は、ロシアの核が「ならず者国家」に流出しないように、ロシアに年間七億六千万ドル以上の資金援助をしている。しかし、ブッシュ政権は、巨額の資金援助が十分な効果を上げていないとの判断から、国家安全保障会議で見直し作業を進めている。 一部の米マスコミが、見直し作業の内容について報じたのは、内外の反応を探るためのリークとみられている。

カテゴリ: 軍事・防衛
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top