そういうことだったのか……学者大臣・竹中平蔵ができるまで

執筆者: 2001年7月号
エリア: 日本

 竹中平蔵とポール・クルーグマン(MIT教授)は二十年来の知己である。ニューヨークタイムズ紙(七月九日付)への寄稿で、クルーグマンは竹中に小泉政権の構造改革路線への懸念をぶつけている。規制緩和や民営化など経済のサプライサイドを通じた改革を行なうという竹中の主張に、課題は需要創出だと考えるクルーグマンは違和感を拭えないようだ。「この計画は暗闇の中で跳ぶようなもの」。クルーグマンは、こうした言葉で議論を締めくくる。竹中の答えは記されていない。「それでも跳ぶのがベストだ」。竹中ならばそんな答え方をしたかも知れない。一度でも竹中に接した者は、大抵、明晰な口調で論点を整理していく様子に引き込まれるはずだ。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top