「江沢民の騙しのテクニック」

執筆者:名越健郎 2001年9月号
エリア: アジア

「月が満ちたり欠けたりするように、人はめぐりあったり、別れたりする。悲しみもあれば、喜びもある」 中国の江沢民国家主席は8月10日付の米紙ニューヨーク・タイムズとの会見で、古代中国の漢詩を引用して米中関係を形容した。保養地の北戴河に同紙社長らを招き、1時間半に及んだこの会見は、ブッシュ政権に向けた和解のメッセージと受け取られている。それほど中国は、米国と敵対しながら、関係改善を必要とする理由があるのだ。 4月1日、中国戦闘機と接触して海南島に緊急着陸した米軍偵察機EP3を解体した中国の技術者が叫んだ。

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)、『北方領土はなぜ還ってこないのか』(海竜社)など。
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top