旧ソ連からの核兵器でタリバン反撃の恐れ

執筆者: 2001年10月号
カテゴリ: 国際

 九月三十日、タリバン幹部が英紙に「ソ連崩壊の際に多量の核兵器を持ち出した。米英が核兵器で攻撃してきたら、我々も核兵器による反撃に出るだろう」と語ったことから、米情報機関は報復攻撃に対してタリバンが核兵器などの大量殺戮兵器で応戦する可能性に神経を尖らせている。 ロシア当局はタリバンの発言を受け、「現実離れしている。タリバンの主張は米ロ間の協力関係を一層強化させることになるだけ」と緊急の声明を発表、タリバンの核兵器保有説を否定した。米上院情報特別委員会のリチャード・シェルビー副委員長も、かつて「中央情報局(CIA)からの報告によればタリバンは核兵器を持っていない」と語っている。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top