ガス抜きの産物・新「副大臣」ホンにおまえら屁のような

執筆者: 2002年1月号
カテゴリ: 政治
エリア: 日本

 内閣改造の代わりに行なわれた小泉内閣の副大臣・政務官入れ替えでは、送り込まれた役所側が快哉を叫ぶ顔ぶれが揃ってしまった。 その筆頭は総務省の副大臣となった佐田玄一郎代議士(四九)だろう。旧郵政省の総括政務次官も務めた郵政族で、郵政民営化に反対する橋本派のなかでも、かねてから「野中広務元自民党幹事長(七六)の言いなり」と評される“逸材”。今回の人事で、首相官邸に呼び込まれた際も福田康夫官房長官(六五)から「抵抗」しないよう言質を取られたが、町村信孝党幹事長代理(五七)によれば、相変わらず「言いたい放題で(官房長官が)イラだっていた」。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top