ドイツ特殊部隊がクウェートに展開する理由

執筆者: 2002年2月号
タグ: ドイツ
エリア: ヨーロッパ 中東

 ブッシュ大統領による「悪の枢軸」演説で、「テロ支援国家」への米国の対応に注目が集まるなか、ドイツが興味深い動きを見せている。これまでアフガニスタンに展開していた部隊が一月中旬、秘密裡にクウェートに移動したのだ。 この部隊はABC(核・生物・化学)兵器が用いられる戦闘に対応可能で、人やモノ、建築物などの汚染除去も行なう特殊部隊。この先遣隊に続いて、二月には同様の能力を備えたドイツ兵二百五十名が、米軍などとの共同訓練に参加するため、クウェートに増派される。 この独ABC部隊の装備で今回注目すべきなのは、ダイムラーベンツ製の装甲車、TPz1。「フックス(狐)」と呼ばれるこの車両は、ABC兵器による周辺汚染の探知・測定が可能な最新機器が搭載された「走る実験室」だ。

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top