日中の要人往来ラッシュ 焦点は皇太子訪中の可能性

執筆者: 2002年2月号
タグ: APEC 中国 韓国 日本
エリア: アジア

 日中国交回復三十周年の今年、双方の往来活発化が予定されている。五月に中国観光友好交流青年団五千人が来日、日本側からは六月のGLAY北京公演の際に一万人、九月には旅行業界友好交流団一万人が訪中、三十周年当日の九月二十九日には与党三党の代表者を加え友好七団体が参加する祝賀レセプションが人民大会堂で開かれる。 要人交流も盛んで、四月上旬の李鵬全国人民代表大会常務委員長を皮切りに、五月には趙啓正・国務院新聞弁公室主任、年前半にも次期首相の最有力候補、温家宝副首相の来日が決定。日本側は年内の小泉首相初の公式訪中を内定している。

カテゴリ: 軍事・防衛
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top