シティ大幹部来日は「金融買収ツアー」だった?

執筆者: 2002年5月号
エリア: 北米 日本

 この三月、世界最大の金融企業、米シティグループの経営陣が来日した。サンフォード・ワイル会長・CEO、ロバート・ルービン取締役・経営執行委員会会長という超大物が東京に揃ったのだ。 だが、日本のマスメディアの報道はきわめて控えめで、三月二十日にホテルオークラで開かれた記者会見についても、新聞各紙は短く報じるのみ。クリントン政権の財務長官として勇名を馳せたルービン氏が小泉首相と会談し、日本の金融システム改革のスピードに注文をつけたり、インフレ率目標の設定を迫ったりする図が多少取り上げられる程度だった。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top