コミュニティ・ビジネス 墨田区を活性化する人々

執筆者:水木楊 2002年8月号
タグ: 日本
エリア: アジア

 長野県の小川村。人口三千五百人のこの村にある株式会社「小川の庄」は、信州名物のおやきを年間七百万個生産し、全国の大手コンビニエンスストアにも販売している。年商は七億五千万円もある。 この村の人口はピーク時には九千三百人だったが、過疎化が進み、現在の高齢化率は四〇%。しかし、沈没しそうなこの村は、おやきのお蔭で蘇った。会社の採用条件は六十歳以上。野沢菜、あんこ、かぼちゃ、大根などをおやきにせっせと包み込む女性スタッフの元気な姿はNHKテレビでも放映されたから、記憶にとどめておられる方もいるはずだ。

カテゴリ: 社会 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top