戦後志 未完の成功物語

執筆者:船橋洋一 2002年10月号

我々はこの戦後を、どのような「志」を持って作りあげてきたのだろうか。歴史を刻んだ名著の読書ノートに著者へのインタビューを交え、新時代に臨んだ日本人の実像を浮き彫りにする人気連載「戦後志を読む」、最終回・特別篇。good loser――負けっぷりのよさ 日本の戦後のデザインは、敗戦後をgood loserとして出直すと腹をくくることから始まった。負けっぷりのよさのススメ、である。このコピー・ライトは吉田茂の手になる。 敗戦は敗戦として厳粛に受け止め、心機一転、未来に向かって出直せ。そのような心構えを説いたのは吉田茂だけではなかった。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top