イラクに亡命していた「ミロシェビッチの核科学者」

執筆者: 2002年10月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ 中東

 イラクがユーゴスラビアのミロシェビッチ前政権下で核兵器開発計画に取り組んでいた科学者らを自国に亡命させ、核開発に従事させているという有力情報がある。 イラク問題に詳しいニューヨークの国連外交筋が明らかにしたもので、ミロシェビッチ前大統領と友好関係にあったフセイン・イラク大統領は、ミロシェビッチ大統領が失脚した直後の二〇〇〇年十月、ベオグラード近郊の原子力研究施設などで働いていた科学者や技術者数十人をエジプト経由でバグダッドに亡命させることに成功。この科学者たちは十年後の母国帰還と破格の待遇を約束され、イラク国内で核開発に協力しているといわれる。

カテゴリ: 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top